住まいの情報

長期優良住宅

長期優良住宅とは

文字通り、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅です。
そして、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成21年に施行され、国が認める性能の高い住宅を指します。

もちろん、国の定めた厳しい基準に基づいた住宅ですので、
戸建住宅の場合、所得税、登録免許税〔保存登記・移転登記〕、不動産取得税、固定資産税と、住宅を購入するにあたり必要な税金また融資においても優遇措置されています。

国も推奨している「長期優良住宅」は、従来の「古くなったら建て直す」という考え方を完全に方向転換をした、次世代に住み継いでいく「住宅ストック型社会」を目指したのがこの認定制度の始まりです。

長期優良住宅の認定基準

劣化対策

構造、骨組みなどがしっかりしている家

耐震性

地震に強く、倒壊しにくい家

維持管理・更新の容易性

メンテナンスのしやすい家

可変性(共同住宅)

ライフスタイルの変化に応じて間取り変更が可能なこと

バリアフリー性(共同住宅)

将来のバリアフリー改修に対応できるよう必要なスペースが確保されていること

省エネルギー性

地球に優しく、家計に優しい家

居住環境

地域と街並みにあった家

住戸面積

必要な広さが保たれた、快適に暮らすことができる家

維持保全計画

「住まいの履歴書」付の長く快適に暮らせる家

長期優良住宅について、もっとお知りになりたい方は、下記サイトをご参考ください。
国土交通省長期優良住宅法関連情報

長期優良住宅長期優良住宅

長期優良住宅長期優良住宅